オルリガルとアフリカマンゴーで下腹ダイエットをする

下腹に脂肪が付いていると、スタイルが良く見えません。しかしダイエットをしてもポッコリとした下腹が解消されないことも多いです。それは、下腹に脂肪が付いている人は、内臓にも脂肪が蓄積している可能性があるためです。一般的に肝臓の脂肪が減ってから、内臓脂肪や皮下脂肪が減り始めるので、炭水化物を摂り過ぎないなど食事制限が必要になります。しかしオルリガルを服用すると、特別な食事制限をしなくても、摂取カロリーを抑えることができます。オルリガルはアメリカのFDAの承認を受けた肥満治療薬です。オルリガルを食前に服用すると、食事で摂取した脂肪の30%が吸収されません。また、アフリカマンゴーのエキスで運動をしなくてもダイエット効果を実感できます。アフリカマンゴーはダイエット大国アメリカで、注目を集めているフルーツです。医学博士が自らアフリカマンゴーのエキスを飲んで、1ヶ月も経たないうちに3kgの減量に成功しました。また28日間食事の30分前にアフリカマンゴーのエキスを飲んだグループは平均でウエストが6cmも細くなりました。悪玉コレステロールや中性脂肪、血糖値などが低下して、食事や運動の習慣を変えずに内臓脂肪が大幅に減ったという人もいます。アフリカマンゴーはコレステロールを低下させる食物繊維が豊富です。またレプチン感受性に作用します。レプチンは体が十分な脂肪組織を蓄えている場合に伝達するホルモンです。しかし肥満の人の中には、レプチンが血液中に存在していても、食欲を抑えられない場合があります。アフリカマンゴーはこのレプチン抵抗性と戦うことで、レプチンの働きを正常に戻します。日本では、サプリメントにエキスを凝縮しているものが市販されています。